温故新地 vol.01 芸妓プライド

Visit old, Learn new カッコいいまちづくりをレジェンドに学ぶ。 北新地の古き時代をレジェンドたちから学び、これからの北新地にどう活かしていくか、みなさんと一緒に意見交換やレジェンドへの質問を通して、考えていく会です。
受付終了

日時・場所

2018年7月10日 14:00 – 15:45
紙なべ 蘆月(ろげつ), 〒530-0002  大阪府大阪市北区北区曾根崎新地1丁目7−10

イベントについて

【開催概要】

受付開始時間: 13:30~

参加費   : 500円(※資料代)

定員    : 30名(※応募多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。)

お申込み締切: 6月29日(金)迄

主催    : 堂島・北新地プライドの会

【ゲスト紹介】

西川梅十三(にしかわ うめとみ)様

遊行の花街時代に芸妓としてご活躍されていました。京都で生まれ、9歳から西川流の日本舞踊を習い始め、先代の家元西川鯉三郎の子役を務められました。昭和28年(1953)、梅十三の名前で北新地の芸妓に。平成11年(1999)に芸妓を引き、現在は西川流師範の西川梅十三として活動されています。大阪、東京、名古屋などの踊りの会に出演する一方、北新地に残る6人の芸妓のうちの1人として後進の指導も行われています。

受付終了